入れ歯とインプラントによる歯科治療を比較

バナー

入れ歯とインプラントによる歯科治療を比較

ここ20年ほどで急速に広まった歯科治療に、「インプラント」が挙げられます。

インプラントはあごの骨の中に直接、人工歯根を埋め込むのが特徴です。

歯周病などで自分の歯を失ってしまったら、インプラントの歯科治療を受けようと、考えている方も多いのではないでしょうか。ただ、失った歯の機能を取り戻す歯科治療は、インプラントだけではありません。

他の治療と比較して自分に合った治療を選択しましょう。
まず、今まで歯を失ってしまった場合は、入れ歯を作るケースがほとんどでした。入れ歯には金属製のバネがついている部分入れ歯の他に、総入れ歯もありますが、現在は歯のケアをしっかり行う方が増えているので、多くの場合は部分入れ歯となります。


部分入れ歯のメリットといえば、やはり保険が適用されるという点です。数千から数万円で作れるので、金銭的な負担は必要最低限で済むでしょう。
この点をインプラントと比較してみます。

歯科の比較について悩んでいませんか。

インプラントの場合、ほとんどのケースが自由診療となります。

1本の歯にかかる費用は、約40万円程度です。

費用面だけで比較すると部分入れ歯が、圧倒的に利用しやすいでしょう。

ただ、部分入れ歯は審美的な面で、インプラントにはかないません。


金属製のバネが口を開けた時に見えてしまいやすいので、その点が気になるという方は多いようです。

歯科の比較の情報はこちらです。

インプラントはというと、自分の歯と馴染む自然な仕上がりとなります。


また、ブラッシングなどのメンテナンスも行いやすいという点が、インプラントのメリットです。このように、入れ歯とインプラントには大きな違いがあるので、歯科医師と相談して治療を選ぶ事が大切と言えます。

歯科の口コミのための情報を提供するサイトです。

Copyright (C) 2016 入れ歯とインプラントによる歯科治療を比較 All Rights Reserved.